瓦土塀の重厚で落ち着いた佇まいの古民家外観

蒼い海と白い波をイメージさせるサロン

波の壁がくるっと回ってホワイトボードに早変わり

現在・過去・未来をつなぐ「ソースコード建具」
古民家再生プロジェクト「美雲屋」
建築主株式会社 鈴木商店
所在地徳島県海部郡美波町
構造規模木造、平屋建
延床面積111.70 ㎡
 ウミガメの町・徳島県美波町にある、明治初期に建てられた元商家、築150年の古民家の再生プロジェクトで、いま日本で一番いけてるという噂(自称)のシステム屋「鈴木商店」のサテライトオフィス進出計画。インテリアは新旧の対比による面白さ、様々なシカケのてんこ盛りでワクワク・ドキドキ。美しい海・緑深い山・透き通った空に囲まれ、サーフィンや釣り、川遊びをしながらクリエイティブなモノ作りをする拠点。あぁ羨ましすぎる、私も引っ越したい!
 聞けば、古民家はなんとあの(一部で)有名な「日和佐のかめたろう」氏のご実家だという。見学に行けばかめたろう御本人、いや御本亀に会えるかも?(E)

新旧の対比が美しい、サロンと囲炉裏の間

ガラスにより開放的に生まれ変わった土間空間

土間にたたずむシンプルなステンレスキッチン

美波町の山々を感じさせる緑色の「黒板建具」

山・砂浜・空をイメージさせるトイレまわり

趣のある、囲炉裏の間

IT端末とのコラボが楽しい「ARフスマ」

凸凹の陰影が美しい「キーボード障子」

真っ白な珪藻土壁とフローリングの
明るく機能的な執務室

大阪本社とバーチャルにつなぐ
「デジタルサイネージ床の間」

サロンと執務室をつなぐ「どんでん建具」

蒼い波をイメージさせるモザイクタイル

プログラムからこぼれるサロンの光

土間に埋め込まれた思い出

幻想的に光る、囲炉裏の間